■プロフィール

ぼん・ぼやーじゅ

Author:ぼん・ぼやーじゅ
2015年からFXを始めました。
まだまだ初心者ですが、少しずつコツを掴んでFXならではのリスクとの向き合い方も分かってきたように思えます。
僕の経験と日々の取引の成果(反省?)が、みなさんのFXトレードにも役立てば!と、このブログを立ち上げました。

■最近の記事
■FX口座開設
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■ブログランキング



■カテゴリー
■FX取引に役立つ
■ブログ内検索

■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
2016年8週目:2/22(月)~2/26(金)
負け続けています...
というか、ずっと持っている買いポジションの含み損が又、拡大です

前週比で▲279,095円

今週の敗因の最大要因は、前回記事でも書いた英ポンドの下落です

先週まで160円台を上回っていたのに、一時は何と155円台に...

その後は持ち直して昨日は158円台まで戻しましたが、それでも他通貨ペアも合わせて上記のような惨憺たる結果です。

こんなことならFXなんて始めなければ良かった... と後悔せざるを得ない心境の今日この頃です。

来週はどうなることやら

スポンサーサイト

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

週間実績 | 08:38:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
ポンドが落ちる落ちる
年明けからの株安・円高に加えて、今週はポンドが一気に下がりました~

イギリスのEU離脱を問う国民投票の日程がきまり、著名な方々その中でも特に現ロンドン市長のボリス・ジョンソン氏が「EU離脱支持」を表明した影響が大きいようですっ

大きく下げた時に2回(1ポンド=158.11円と158.04のタイミング)逆張りして少しずつ(ホントに少しだけ…)儲けましたが、元々保有していて売るに売れない買いポジションの含み損が更に拡大して苦しい状況が続いています


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

為替変動 | 19:23:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
2016年7週目:2/15(月)~2/19(金)
また一週間が経ちました。

週明け15日(月)は先週末の反動か、株価も1万6千円台を回復、為替も米ドルが114円台後半まで持ち直したので、その時は僕の含み損も一気に減少!したのですが...

その後は何故か為替は又また円高傾向にっ...

昨日は最終的に112円台後半まで米ドルが下落、他の通貨ペアも含めて先週末より更にマイナスが膨らむ結果となってしまった。

前週比で▲187,777円 今週も凹んだ...

先週も書いたんですが、この1週間も複数回の個別トレードでは大半はプラス決済して利確を積み上げてもいるんですが、それでも塩漬けポジションがどう動くか?のほうが全体に与える影響が大きすぎる状況になってしまっています。

円安に戻れば一気に解消!と淡い期待を抱きつつ塩漬け状態が続いているのですが、逆にこれ以上の円高になると維持し続けるのも困難に

来週はどうなる? かな!?
 

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

週間実績 | 08:10:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
2016年6週目:2/8(月)~2/12(金)
今週は言わずもがなですが、2/10~11に行われた半期に一度のアメリカ金融政策に関する議会証言でのイエレンFRB議長の発言を受けて、急激に円高ドル安が加速! 一時は1ドル110円台をつけることも...

買いポジションで「米ドル/円」を沢山抱えていた訳ではありませんが、世界経済失速への懸念から市場では比較的に安全とされる円買いが進んでしまったため、円に対しては米ドル以外の通貨も軒並み下落

僕は「ポンド/円」と「ユーロ/円」のポジションが何故か未だ塩漬けになってしまっていたので、それらの含み損までもが膨らんでしまう最悪の週となりました。

前週比で▲547,864円 また一気に凹んだ...

昨日は日経平均も1年半振りに1万5千円を割り込みましたが、今朝起きたら欧州株や原油相場が大幅上昇を好感してNY市場も大幅反発! 6営業日ぶりだそうです。それを反映してか幾分は円安方向(1ドル=113円台前半・1ポンド=164円台前半・対ユーロはあんまり...).に戻っていましたが、それでも今週の成績は上記のような惨憺たる結果です。

一時はロスカットされる危機を感じたので、インヴァスト証券を除く3口座には証拠金を積み増しました

はぁ...

FX1年生の僕にとって今週の(というか年明けからずっと?)この荒れた為替市場は、なかなかにハードです。が、以前まで何となく感覚的に行っていた取引を、チャートを読み解きエントリーや利確することで個別の約定では少しずつですが勝率が上がっているんですよ! でもそんなのは今のマーケットの大きな流れには歯が立たないといった状況です。

塩漬けになってしまっている「ポンド/円」や「ユーロ/円」のポジションをどこかで損切りするか(大きな痛手ですが...)、潮目が変わるのを祈りつつ待つか(いつになるのか?!)悩みどころだなぁ...





テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

週間実績 | 08:12:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
円相場が...
昨日、日経平均株価の終値が17,000円を上回ったので少しは円安に振れるかな?と思い、ちょっとだけドル買いをしたら...
(その直後は数千円の含み益が出ていたのですが...)

何と、その後は昨夜~今日の午前中にかけて又、一気に円高が進んでしまいましたっ!

円高というより、ドル安

今日の午前中には米ドルが一時114円25銭まで切り下げました。
114円台というのは、2014年11月以来、1年3ヶ月ぶりの水準だそうです。

ヨーロッパやアメリカで株安が強まったことで安全と言われる円が買われる展開。
その流れは昨日17,000円台に乗った日本の株式市場にも響いて、今日午前の日経平均株価は何と下げ幅が800円を超える全面安となりました。

当然ながら又、一気に含み損が膨らみました...
今週末に週間実績を算出するのが恐い


テーマ:FX為替相場、株式相場を語る - ジャンル:株式・投資・マネー

為替変動 | 13:02:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
2016年5週目:2/1(月)~2/5(金)
1月末のマイナス金利導入による円安効果も徐々に薄れて(?!)、またまた含み損が膨らんでしまいました…

前週比で▲298,098円 また大きく凹みました...

たった一週間でこんなに円高が進むとは、さすがに予想外でした。米ドルなんて、マイナス金利導入直後は一時121円台まで上昇したのに、ついに昨日は再び116円台ですよ!

アメリカの雇用統計が発表された直後は乱高下して170.42円まで上げる一幕もありましたが、結局は116.8円台に落ち着いて週末を迎えてしまいました。

米ドルのみならず、買いでポジション持っているポンドやユーロも含み損を抱えたまま売ることができず、週間実績としては結果として上記のような有り様に…

今後も円高傾向なら、クロス円は外貨売りが賢明かもですね。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

週間実績 | 18:29:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
ドル全面安
昨夜発表された米ISM(非製造業景況)指数によりFRBの利上げ観測が後退したようです。

ドル円は一気に117円台に!

1月末、日銀「マイナス金利」導入の発表を機に、いったんは円安・株高に進んだにも関わらず、その効果も霧消してしまいました...

個人的には米ドル買いはあまりしていなかったのと、他の通貨は下落していない(1/29急騰後から徐々に下がっている通貨はありますが...)ので、被害は限定的です。

今日のドル円はどう動くのでしょうか?
NYの原油は昨日、買い戻しというような状況でプラスに転じて終了しましたので過度な悲観はない一方で、為替⇔株式市場がどの程度の同調性(スパイラル的な動き)を示すのがかが今日のポイントになるのかと。



テーマ:株式・FX・投資・マネー最新情報 - ジャンル:株式・投資・マネー

為替変動 | 10:27:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
今さらながら... そもそも「FX」とは?
このブログをスタートさせて1ヶ月以上が経ちましたが、今まで行き当たりばったりの記事を書いてきたように思えます。
ですので、ここで少し軌道修正を...

そもそも「FX」って何?

今回は、これからFXを始めたいと思っている方にもご理解いただけるよう、FXの基礎の基礎について書きます。

ちょうど僕は今、会社の通信教育で「『日経マネー』でわかる!金融商品入門」というコースを受講していますので、そのテキスト「資産運用の基礎知識」by産業能率大学さん(↓)からも引用しながら説明させていただきます。

産業能率大学テキスト「資産運用の基礎知識」


FX(=Foreign eXchange:外国為替証拠金取引)とは、様々ある外貨建て金融商品の一つです。

---※以下、テキストより引用※-----------------------------------------------

FXは、1998年の外為法改正で登場した外貨建て投資の1つです。それまで認可を受けた特定の金融機関しか行えなかった外国為替取引業務の規制が撤廃され、誰でも外国為替取引が行えるようになったことが背景にあります。
外貨建て投資といえば、外貨預金や外貨MMFがおなじみですが、こちらは安い時に買った外貨が高くなった時に売ることで利益が得られる仕組みです。一方でFXは、外貨を買う取引のみならず、外貨を売る取引から始められるのがその特徴となっています。したがって、外貨が高くなった時だけでなく、外貨安の局面でも利益が得られるというわけです。また個人でも、24時間リアルタイムトレードで、少額資金から多額の外国為替取引を行えます。外貨投資とはいえ、他の金融商品とはかなり異なっていますので、注意が必要です。

(1)手持ち資金の最大25倍もの取引が可能
投資家はFX取引を始めるときに、FX取引業者に証拠(保証)金を預けます。これで投資家は、証拠金の最大25倍という、手持ち資金を超える外貨投資を行う権利を得ることになります。この倍率を“レバレッジ”といいます。たとえば、10万円の証拠金で10倍なら、100万円分の外貨取引が可能となります。これが、手持ち資金が少額でも多額の取引ができる仕組みです。
また、FXでは買った金額と売った金額との差額だけを決済する“差金決済”が行われており、“売り”から、すなわち先に売り、後で買い戻すといった取引も可能です。
ただし、取引により含み損を抱えた場合でも、預け入れた証拠金は一定割合までに維持しなければならないルールがあります。よって、証拠金に一定の損失(取引会社や設定により異なる)が発生すると、“マージンコール”という警告が発せられ、追加の証拠金や決済を求められます。
さらに含み損が膨らんだ場合には、取引業者により“ロスカット”という強制売買が行われ、取引終了となってしまいます。
レバレッジが高ければ高いほど、為替変動による影響を大きく受けることになり、わずかな円安でもおおきな利益を得ることがある一方で、逆にわずかな円高で予測をはるかに上回る損失を被る可能性もあるので十分に注意を払った上で臨まなければなりません。

(2)金利差分のスワップポイントを得る
外貨預金のように金利収入を得るFX利用法もあります。低金利の通貨を売り、高金利の通貨を買いますと、その金利差分のスワップポイントを得られるというのがそれです。FXの安い手数料もその根拠で、外貨預金の為替手数料(往復)は米ドルの場合、1ドル2円程度であるのに対し、FXの売買手数料は取扱業者により0.3銭から3銭程度であるため有利とされます。
とはいえ、高金利の通貨を売って低金利の通貨を買う取引では、逆にスワップポイントを支払わなくてはならないことも知っておかなければなりません。いずれにしろ、急激な為替変動の下では、わずかな金利収入など吹き飛んでしまうわけですから、その点は十分肝に銘じておきましょう。
FXには取扱業者による店頭取引のほか、取引所取引(東京金融取引所の「くりっく365」と大阪取引所の「大証FX」)があります。現在は店頭取引が圧倒的に多いようですが、同じFX取引でも、種々の取引ルールのほか、投資者保護や税制などが異なります。

---産業能率大学さん「資産運用の基礎知識」より---------------------------------

どうでしょう? 少しはイメージが掴めましたでしょうか?!

まだまだ僕もFXを始めて1年も経たない初心者ですので、最初の頃は上記の説明文に出てくる一部の専門用語も分からないようなレベルから取引を始めていたという現実もありました...

次回以降も、FXの基礎知識や用語の解説なども交えて、ブログを更新していきたいと思っています。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

基礎の基礎 | 19:45:47 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。